RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ジンザイ異業種交流会

<< 第5回「人財開発研究会」報告 | main | 2月度「元気会」報告 >>
第6回「人財開発研究会」報告
0
    1.設立主旨
    《企業は人なり》
    企業を構成しているのは「人」であり、人の活性化なくしては企業の成長・発展は望めない。
     そこで、福岡の企業・団体の人事責任者有志が一同に会し、人的交流と相互研鑽を図りながら、これからの低成長時代に適合する『人財開発の仕組み』のあり方について研究する。

    2.研究テーマ
    「これからの時代に適合する『人財開発の仕組み』はどうあるべきか?」
    〜副題:生き残る組織の条件〜

    3.日時
    2010年2月3日(水)
    1部:19:00〜20:50、2部21:10〜23:15

    4.場所
    三和株式会社 会議室

    5.会員参加者数
    10名/15名中(欠席者5名)
     

    6.内容
    1部:勉強会【ゲスト・スピーカー】
      株式会社博運社 専務取締役 眞鍋和弘氏
      【発表内容】《テーマ(案)》社員の意識変革のための実践例&人事施策
    2部:懇親・交流会(自由参加)
      会場:益正筑紫口店 10名参加(ゲスト含む)
      参加費:4,000円

    【感想】
    本年第一回目は、ゲスト・スピーカー蠻遽深 眞鍋専務による講話。
    お話を拝聴するのは3回目ですが、何が何でも会社を変革し、<全従業員が物心両面の幸せを感じられる会社になる>という迫力が伝わってきます。
    強い願望、覚悟、率先垂範、現場重視、社員とのコミュニケーションなどリーダーシップが発揮できる要素が行動となって現れています。

    会社変革に,本格的に取り組み始めてまだ2〜3年くらいだそうですが、直近の会社業績は「V字回復」し、早くも結果として業績面に効果が現れてきているようです。
    | 人財開発研究会 | 19:20 | - | - | - | - |