RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ジンザイ異業種交流会

<< 9月度「OEC会」報告 | main | 第4回「人財開発研究会」報告 >>
第3回「人財開発研究会」報告
0
    1.設立主旨
    《企業は人なり》
    企業を構成しているのは「人」であり、人の活性化なくしては企業の成長・発展は望めない。
     そこで、福岡の企業・団体の人事責任者有志が一同に会し、人的交流と相互研鑽を図りながら、これからの低成長時代に適合する『人財開発の仕組み』のあり方について研究する。

    2.研究テーマ
    「これからの時代に適合する『人財開発の仕組み』はどうあるべきか?」
    〜副題:生き残る組織の条件〜

    3.日時
    2009年6月8日(月)1部:19:00〜21:00、2部21:15〜22:30

    4.場所
    三和株式会社 会議室

    5.参加者
    10名/11名中

    6.内容
    1部:勉強会
    【発表者】
     株式会社ディックスクロキ
     常務取締役 石井 献氏

    【テーマ:「企業倒産と人事戦略】
    ‥飮困箸蓮´倒産の原因(一般論)L瓜再生とは(会社更生との違い)
    ず得献轡淵螢 セ業を他社に売るには ε社の倒産と再生の経過(経験談)倒産しない人事戦略 当社の反省

    2部:懇親・交流会(自由参加)
    終了後、参加者6名で会場を「益正筑紫口店」に移し、懇親・交流。

    《概要》
    1.倒産とは、「企業の資金繰りが立ち行かなくなり(債務不履行)、事業の 継続が困難になった状態」(法律用語ではない)
    2.倒産の原因(一般論)
     内的要因と外的要因がある。内的要因は、ほとんどが「人」に関するこ  と。人とは主には経営陣。
    3.D社の倒産と再生の経過
     2008年5月15日、‘08年3月期の決算発表。金融情勢の変化により、以降物 件売却なし。
     Xデー、裁判所に申立、受理される。
    4.倒産しない会社にするためには「収益」を上げること
     「無借金経営」を決め込むことは対策にはならない。
     良好な財務は、良好な収益力の結果でしかありえない。
    5.良好な収益力の条件
     3本程度の柱で、強固な収益力を確保する
     ▲廛蹈瀬トライフサイクルを途絶えさせない(≒イノベーション)
     7佝颪諒册鞍餡
    6.倒産しない人事戦略
     〃弍沈鑪を実現するための人事戦略を構築すべきであり、人事担当者も  経営者の視点で考えなければならない
     ∧儔修紡弍できない幹部の入れ替えを大胆に行うべき
     今後の環境変化を踏まえると、人材の二極化は避けられない。
    | 人財開発研究会 | 11:42 | - | - | - | - |